沖縄旅行は格安航空券探しからスタート!

まずは格安航空券探しからスタートしてみましょう!

ツアーもおすすめですが、個人旅行だと自分のペースで気ままに旅行できるので最近では個人旅行をする人が増えつつあります。

沖縄旅行ですが基本的に移動は飛行機になるかと思います。昔は節約のためフェリーを利用するといった話もありましたが、最近は格安航空券が出回っており安価で旅行できることから飛行機利用の人が多くなっています。

LCCは名前のとおり、安い航空券を販売しています。もちろんANA等でもお得なものはあります。航空券とホテルがセットタイプは安いものが多いです。お徳なパッケージタイプで旅行するのも良いでしょう。

imaages
「沖縄 格安航空券」で検索するとスカイチケットなどの大手航空券取り扱い会社のサイトが表示されます。
これらのサイトから沖縄への格安航空券がいくつも表示されますので、自宅の最寄の空港から沖縄の空港を検索してみるといいでしょう。

格安航空会社も含めて検索し、最安値の結果を表示してくれます。これはまさしく優れものです。

沖縄行きの航空券のめどがついたら、次は観光する地を探してみるといいでしょう。沖縄の公園でぜひ行ってみたいのが「知念岬公園」です。

知念岬公園は日の出と夜景を楽しむことができます。朝と夜の両方で立ち寄りたいスポットです。

沖縄には絶景スポットが多数あります。ここもその中の1つです。斎場御嶽からも近いので、斎場御嶽とセットで見学するといいでしょう。

沖縄旅行ではレンタカーを利用する人が多いかと思います。レンタカー利用で知念岬公園を訪れる人は斎場御嶽の駐車場に車を止めるといいでしょう。

斎場御嶽からは徒歩で5分ほどです。ここからは海も見下ろせます。海の絶景をみつつ、日の出に夜景に楽しみたいところです。星空がとにかく綺麗なので、子連れにも最適なスポットとなっています。

himeyuri
またもう1つ訪れずれたいのが「ひめゆりの塔」です。ひめゆりの塔は戦争関係でたびたび紹介されるので、みなさんもご存知かと思います。
ひめゆりの塔は年間約60万人の人が訪れるといわれています。すごい人数が訪れていることがわかります。

移動は那覇空港から車での移動がベストです。車で移動だと約30分ほどとなります。那覇のバスターミナルからですと約40分ほどとなっています。

ここは沖縄県民にとっても特別な場所です。「戦争は2度と起こしてはいけない」という意味がわかるかと思います。
沖縄には戦争のなごりも多数あります。平和な今こそ、向き合いたい場所です。

■沖縄旅行

Read More

いざ!沖縄デビュー

テレビでもたびたび沖縄は取り上げられており「この秋はぜひ沖縄旅行を実現したい!」といった人もいることでしょう。

沖縄旅行は国内線での移動がメインとなります。昔はフェリー乗り継ぎなんて人もそれなりにいましたが、今では飛行機の便の状況が良くなっているので、飛行機を利用する人が圧倒的多数です。
日本の地形から見ても、飛行機移動がベストかと思います。

沖縄旅行はぜひ1度は行ってほしいところです。沖縄ならでの観光を楽しむことが可能です。沖縄はリピーターが非常に多い場所でもあります。

何度行っても「また行きたい」と思うのが沖縄の魅力です。

そんな沖縄ですが移動手段を調べるにあたって、まずは「国内 格安航空券」で検索してみましょう。航空券は安い方が良いといった人が圧倒的多数かと思います。

沖縄と言えば最近ではローコストの航空会社の就航も目立っています。ローコストの航空会社は安価なチケット販売でおなじみで、今では旅行の足に利用する人が多く見られます。

日本ではローコストの運営があまり思わしくないのが現状でした。安いのになぜ普及しなかったのか?

というと「安すぎるから不安」という初めての取り組みに対する不安と価格があまりにも安すぎることへの不安からでした。

未だに不安を持っている人もいるようですが、基本的にJALなどの航空会社同様に、安全基準を満たして運営しています。
チケットが安い理由はJALなどが当たり前に行っているドリンクサービスや荷物預かりサービスを有料化しており、その分コストを下げているからです。

人件費についてもなるべくかからないよう、最新の工夫をこらしています。今までのサービスが100だとすると、なくても問題ないサービスが50だとします。
座席を50の価格で販売して、費用であればオプションでサービスを付加させていく仕組みです。

格安航空券のめどがたったら、早速沖縄観光を調べてみましょう。沖縄観光でぜひ立ち寄ってもらいたいのが「おきなわワールド」です。

おきなわワールドは観光地としても定番の場所で年間100万人が訪れる地です。

ここでは歴史はもちろん、文化や自然などに触れあうことができます。体験も可能なので子連れの方にもおすすめです。
ここでもっとも見ごたえがあるのが鍾乳洞「玉泉洞」です。ここは全長5000mほどあります。

これは国内最大級であり、思い出になること間違いなしです。鍾乳洞は暑い夏にもピッタリな場所です。

Read More

沖縄スティもおすすめ

沖縄スティに憧れている人も多いことでしょう。最近では「インターネット環境さえあればどこでも仕事が可能」といった人も増えており、住居を自由きままに選ぶことができる人も増えています。

沖縄は都心よりも物価が安く、特に冬場は住みやすい地かと思います。この機会に沖縄スティを計画されてはどうでしょうか?
まだ沖縄に行ったことがないといった人は、まずは旅行で沖縄に行ってみるといいでしょう。

沖縄行きにあたり格安航空券の情報を集めてみると、実に多くのチケット情報があります。それもそのはず、沖縄は飛行機の就航数が非常に多い地域でもあります。なぜこんなに多いのか?

というと沖縄路線は人気が高いからです。近頃ではアセアンの直行便も増えており、国外のLCCの参入も目立ってきています。

沖縄を訪れたいのは日本人だけではなく、外国人からも注目されている地なのです。最近の沖縄は中国人の姿もかなり多く見受けられるようになりました。

沖縄と言えばビーチは欠かせない場所です。多数のビーチがあり、どこがいいか迷ってしまうことでしょう。

天然のビーチに触れ合いたい人は訪れてみるといいでしょう。このビーチは隠れ家的なスポットでもあり、生き物にも遭遇できます。海の生き物に興味がある人はここのビーチが一押しです。
新原ビーチのルートですが那覇空港からだと車で40分ほどの場所となります。

那覇空港ではあらかじめレンタカーを予約しておくといいでしょう。ここのビーチは南部の中でも特に鮮明度が高いことでも評判です。
ここまで高い鮮明度であることに驚くことと思います。

このビーチは手つかずのビーチとしても知られています。リゾート開発とは無縁の場所です。素朴なビーチではありますがカフェなどもあり、まったりくつろぐことができます。

「久高島」も訪れてみたいスポットの1つです。久高島は日帰りで行くことが可能なので、気軽に行けることと思います。ここはパワースポットともなっています。ニライカナイへ続く場所でなんとも神聖な場所です。

那覇空港からまずは安座真港まで移動します。その後高速船で15分ほどの場所にあります。

沖縄創生として知られている神アマミキヨが1番最初に作った島だといわれています。神の島とも言われており、神聖な気分になること間違いなしです。

聖地めぐりを希望している人は、ここはぜひ取り入れたいスポットです。
ここでは紹介しきれないほどたくさんのスポットがあります。あなたもリピーターになること間違いなしでしょう。

Read More

沖縄旅行を計画してみよう

秋は旅行にもベストシーズンです。ようやく暑さが引き過ごしやすい季節になってきました。この秋はどこか旅行に行こうと考えている方は、沖縄旅行を計画されてはどうでしょうか?

沖縄旅行は秋もベストシーズンです。海目当てといった人も沖縄の海であれば10月までシーズンとなっています。10月も海で遊べるなんて、さすがですね!

まずは格安航空券を見つけましょう。インターネットを検索すると航空券を販売しているサイトがあります。料金比較が可能であり、トップの方には安いチケットが羅列されます。

時間帯や乗り継ぎなどをチェックして問題なければ格安航空券を購入するといいでしょう。中には「飛行機の旅がはじめて」といった人もいるかと思います。飛行機の旅がはじめての人もネットでチケットを買って、特段問題ありません。電車の感覚で移動できます。

新幹線や飛行機の旅となると長距離の旅が多いのでちょっと特別な感じがするかと思います。もちろん普段とはちょっと違った旅になりますが、今の時代インターネットでチケットを購入するのは普通の話です。

沖縄行きの格安航空券を手にいれたら、次に観光するべくスポットを調査しましょう。沖縄は見所が多いのでここでは紹介しきれないほどスポットがあります。

豊見城市にある沖縄アウトレットモールあしびなーについても観光定番スポットです。ここは最南端のアウトレットショップであり、空港から移動も楽ちんです。

空港からはゆいレールが通っています。バス利用も可能です。出発時間まで余裕がある人はここに立ち寄るのも良いでしょう。

また沖縄のビーチも攻めましょう!本部町にある「エメラルドビーチ」は日本海水浴100選に選出されたビーチでもあります。このビーチは天然ビーチではなく人口ビーチです。

海洋博記念公園の中にあります。ここはなんといっても整備がすみずみまで行き届いているので、大人から子供まで安心して遊ぶことが可能です。

海と言えばくらげも注意が必要です。くらげに指されると海遊びどころではありません。安全に海水浴を楽しむためにもここのビーチを選ぶのは良いことかと思いま
す。この近くには美ら海水族館があります。ここも欠かせないスポットです。

沖縄に関する格安航空券や観光情報は多数掲載されています。あまりにも情報が多く、迷うことでしょう。

実際に旅をした人のルートをまねて、スケジュールを立てるのも良いかと思います。それではみなさんにとって最ベストな旅行になりますように!

Read More

格安航空券を使って沖縄へ行こう

国内旅行先として人気の高い地と言えば「沖縄」は欠かせないスポットの1つです。まだ沖縄一度もない、初沖縄を満喫してみてはどうでしょうか?沖縄は日本国内からですと多くの場合、飛行機での移動が主力になるかと思います。

沖縄の立地から考えても飛行機移動が1番です。
沖縄への移動でやすい飛行機が飛んでいるのであれば、そちらの利用も良いかと思います。

格安航空会社は格安航空券の中でも必ず上位にランキングする安価な航空券を販売しています。

格安航空券を利用すれば、その分ホテルなども含めて旅費の運用ができます。旅上手の人はすでに格安航空券を多いに利用して、週末旅行を楽しんでいる人もいるほどです。

沖縄が初めてといった人は、まずは興味があるスポットを片っ端から羅列してみるといいでしょう。初めの場所はスポットがよくわからないものです。地図をみながら周れそうなスポットを見てみるといいでしょう。

格安航空券は、早朝や深夜という運行も少なくありません。安いのは良いポイントですが、現地滞在時間も考慮して旅行計画を立てたいところです。

ちょっとくらい高めでも現地の時間を有意義に利用できるのであればそちらのチケットが良いでしょう。

初めて沖縄を訪れる人にぜひ立ち寄ってほしいのが「斎場御嶽(せーふぁうたき)」です。斎場御嶽は「聖なる場所」と信仰されており、世界遺産登録にもなっています。

斎場御嶽へ行くには那覇空港から車を借りて移動するのがベストです。那覇空港から車だと50分ほどとなっています。南城市になるスポットでここはぜひとも行きたい場所です。世界遺産に登録されたのは2000年のことです。世界遺産だけではなくその他国の史跡や沖縄県指定名勝にも登録。

なぜここが聖地と言われているのか?というと話は琉球王国時代にさかのぼります。琉球王国時代には「創世神話」というものが言い伝えられています。この神話では7御嶽が登場するのですが、その中でももっとも格が高いのが斎場御嶽です。国家的な祭典が開催されてきた場所でもあります。

ここで耳をときすますと感謝があふれると言われています。普段から感謝の気持ちは忘れてはいけないと思っても、つい忘れてしまいがちです。この機会にこうした地に立ち寄りたいところです。

斎場御嶽の営業時間は朝9時から18時です。年中無休ですが、年に2回ほど点検で休みがあるので休みについても確認してみることをおすすめします。

みなさんにとって良い旅になりますように。

Read More

沖縄本島でダイビング!おすすめの観光スポット

沖縄といえば、青い空に、青い海。日本なのに異国にきたようなわくわくした気持ちになりますよね。そんな沖縄本島には、国内でも有数のダイビングスポットが点在しています。

折角いくのならテレビではなく自分の目で、海の綺麗さと、可愛らしいカラフルなお魚に会ってみてはいかがでしょうか?

この世には3つの世界があります。ひとつは「宇宙」、二つ目は「地上」、三つ目は「海」です。

宇宙にいくにはまだ現実的ではないですよね。だけれども海は、行ってみようと自ら足を踏み入れれば見ることができる世界なのです。逆に言えば、行かなければあの神秘的な世界を見ることができません。

泳げないから、海が怖いからできないと思っている人がいるのなら、安心して下さい。きちんとショップの人がついてくれて懇切丁寧に指導してくれます。

また、海水のなかでプカプカと浮いていると安心する感覚になります。透明度も高いので、海の中でも明るくて、怖いイメージは払拭されます。海が苦手な方、もちろんそうでない方も、沖縄で始めることをおすすめします。

そして、何よりもたくさんの観光スポットがあります。
子連れでも、カップルでも、シニア世代でも老若男女が楽しめるスポットが、車でまわれる距離にあることは何よりの魅力です。

時間を精密に計算して旅程表を作れば、ある程度の観光スポットを巡ることもできますが、おすすめは、時間を気にせずゆったりとした「おきなわタイム」に身を委ねてみてはいかがでしょうか? 

本島南部には、海を眺めるたくさんのカフェがあります。カフェで日ごろの疲れを癒し、心を落ち着け、世界遺産にも登録されている『斎場御嶽』を訪れてみましょう。

ここはパワースポットという言葉とともに有名になり、観光スポットになりました。ただこの場所は『聖地』として『祈りの場』として特別な場所です。
それなりの服装で、気持ちを落ち着かせて足を踏み入れましょう。特別な聖地で感じる雰囲気は、知らずのうちに力が湧いてきます。

また、現在は綺麗なイメージで観光化されている島ですが、昔には戦争の『激戦地』であったということも忘れてはいけません。

『ひめゆりの塔』をはじめ、『平和記念資料館』『旧海軍司令部壕』など綺麗に整備されており、子供達に伝えておきたい島の一面でもあります。

 1日目は海の綺麗さを堪能し、2日目は自分でテーマを定め、観光地を決めてみてはいかがでしょうか?
たくさんの観光地があるので、何度いっても楽しめる島ということは間違えのない事実でしょう。

Read More

人気の沖縄離島観光スポットご紹介

国内旅行で、リゾート地といえば断然人気なのが沖縄。中でも、アイランドリゾート気分が味わえる、沖縄県の各離島は特に風景・空・海、そして島内の自然や雰囲気は最高です。

ぜひのんびり過ごして、人生の休息をとりませんか?いくつかある島のうち、特におすすめの島・観光スポットをご用意しました。

<石垣島・竹富島>
離島といえばここを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。まず本島に飛行機でアクセスし、本島からセスナでアクセスするため、旅の手段も多くおすすめ。世界有数の美しさを誇る海・川平湾をはじめとして、島をぐるりと囲む美しい海。

一年を通して美しいですが、特にびっくりするのはコンクリート作りの防波堤の港に行って、海をのぞいてみると、2mほど海が透けてみえるんです。

もちろん、島では至るところにダイビングスポットがあるため、ぜひ一度体験してみてください。岬から東シナ海を眺めることができる御願崎灯台、星空をカヌーの上で見ることができるナイトカヤックなどなど、観光スポット満点。

また、石垣島から船でアクセスすることのできる竹富島は、さらに開放感満点。観光客を乗せてゆっくり歩む牛車をはじめ、ネコや犬たちがのんびりと島で過ごしています。夏場は海水浴が楽しめるのでおすすめ。

<宮古島>
次におすすめなのが宮古島。こちらも負けじと美しい海があなたを待っています。

まるで浦島太郎の絵本に出てきそうな龍宮展望台から眺める絶景、来間大橋をはじめとした美しい海をぜひご覧ください。

また、巨大なかぼちゃ型の鍾乳石があることで有名な保良泉鍾乳洞も見ておきたいところ。島のいたるところで泳ぐことができるので、できれば遊泳可能な季節に行きたいところですね。

<波照間島>
日本最南端の有人島として知られている波照間島。名物である最南端の碑をはじめ、夜間には巨大な南十字星など、大いなる自然を楽しむことができます。

石垣島から高速船で1時間ほど、フェリーで2時間ほどかかってしまうため、天候に注意しながら余裕を持って計画を立てておくことをおすすめします。

隆起珊瑚礁から形成された島であり、島の周りには絶好のダイビングスポットに溢れています。また、国内のビーチランキングで堂々の1位に輝いたニシ浜があるのも、ここ波照間島。ダイバーたちの楽園にぜひ行ってみましょう。

観光地然とした場所はないのですが、信号機がひとつもなく、島自体が非常にのんびりとした空気。あなたも、ゆったりとした時間を楽しみませんか?

Read More